カートの中身

» カートの中身を見る

店主のコーナー

名前

西條 裕之

メモ

インターネット販売は全くの不慣れですが、お客様と弊社の想いを共有できるよう、精進致します! (平成26年産米より外税方式に切り替えました) (佐川急便運賃値上げにつき、送料を変更致しました)
リンクリスト
お米の誕生から日本に伝わるまで
お米のとぎ汁が活用できる場面
内祝で贈る商品の選び方
お米を保存する時のポイント
お米を見分けるポイント
コシヒカリなどのお米とダイエットの関係
新潟コシヒカリを美味しく食べる炊き方
お水とお米の関係
お米の豆知識
こがねもちと餅レシピ

コシヒカリなどのお米とダイエットの関係

日本人の食生活に欠かせない食品の1つが、お米です。お米が食べられないという人は、日本中探しても滅多に出会えないのではないでしょうか。そんなお米には、様々な種類が存在しています。
代表的なもので言えばコシヒカリやササニシキ、ひとめぼれ、あきたこまち、はえぬきなどです。
どの品種も日本が誇る美味しいお米ばかりです。

これらの美味しいお米をお腹いっぱい食べたいでしょうが、なかには「お米は太るもの」と考えている方もいらっしゃるようです。特にダイエット中には、お米を食べるのを控えているという方が多いと思います。しかし、お米を食べると太るということはありません。こちらでは、お米とダイエットの関係についてご紹介します。

お米を食べても太らない

お米の栄養分と言えば、炭水化物です。炭水化物には糖質が含まれているため、「炭水化物=太る」というイメージが確立されているようです。しかし炭水化物に含まれる糖質と、砂糖などの糖類は異なります。炭水化物は私たちの身体にとって必要ないものだと勘違いされている方もいらっしゃいますが、実際には必要不可欠な栄養分です。

炭水化物を摂取しなければ身体の代謝が下がっていくため、脂肪が燃焼することはありません。
脂肪よりまず先に筋肉が減ってしまいます。
例え筋肉がなくなって痩せたとしても、決してキレイな痩せ方とは言えません。
健康的な身体を手に入れたいのでしたら、なおさらお米を食べることは必要です。

食べる量を調整する

結論から言いますと、お米を食べることが太るのではなく、お米を多量に食べ過ぎることが太ることに繋がるのです。いくら身体に良いお米であっても、食べ過ぎはよくありません。
私たちが食事で摂取したカロリーを効率的に燃焼させるためには、炭水化物6:タンパク質・脂質4の栄養バランスで食事をすることが必要だと考えられています。

このバランスで食事を続けていくことが、太りにくい身体に近づく一歩となります。
お米はパンや麺類などよりも腹持ちが良く、噛むことで満腹感が得られるため、食べ過ぎを防ぐことができます。お米を食べる時は、よく噛んで食べることを意識してみてください。

弊社は新潟産のコシヒカリを販売しております。5kg、10kg、20kgと重さも様々ですから、必要に応じてお選びいただけます。また、弊社は通販でコシヒカリの取り扱いをおこなっておりますので、贈り物にも最適です。